事業所概要

心と技をつむいで。

平成24年3月27日、
創業者・杉本辰蔵の畳作りの心と技を確かに受け継いでいこうと、
店名に「畳屋辰蔵」と冠することにいたしました。

これまでの皆様のご愛顧に感謝いたしますとともに、
これからも、お気軽に「畳屋の辰蔵さん」お声かけいただき、
ご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。 



創業
昭和2年(1927年)


創業者
杉本 辰蔵(明治28年〜昭和56年)


代表
杉本 悠一 四代目
(38歳 A型)

創業90年を迎える平成29年より、代表を務めさせていただくことになりました。
創業者 辰蔵より受け継がれる心と技を磨き続け、お客様の暮らしがはなやぐような畳づくりを志していきます。
yondaime.jpg



三代目辰蔵 杉本辰生
先代
杉本 辰生 三代目
(65歳 B型)

品質と技術にこだわる三代目。
趣味は弓道。





二代目辰蔵 杉本八郎
先々代
杉本 八郎 二代目
(90歳 AB型)

真面目。どこまでも真面目な二代目。
生涯現役をつらぬきます。
趣味は特になし。麺類に目がない。







事業内容
畳製造販売 畳関連商品販売
tumugu-base.jpg



昔と変わらない道具たち、
新たに導入され続ける機械。
 用いる手段が変わっても、
工夫に工夫を重ねて進化を止めない。

「物作りに終わりはない」

それが畳屋辰蔵の畳作りの原点です。





畳屋辰蔵の歩み

明治28年 創業初代・杉本辰蔵、現在の京都府与謝郡与謝野町石川に生まれる。

明治36年 辰蔵、8歳の時、父が死去し、京都府京丹後市峰山の畳店へ奉公に出る。
     後、大阪の畳店にて修業を重ねる。

昭和2年3月7日
     丹後大震災発生。辰蔵、故郷に残した母のもとへ帰る。
     その年、京都府宮津市にて、杉本畳店開業。

昭和16年 二代目・八郎が店に入る。

昭和20年 八郎出征する。熊本県人吉にて終戦を迎える。

昭和45年 三代目である辰生が店に入る。

昭和56年 辰蔵、死去。享年85歳。亡くなる一か月前まで現役であった。
     昭和45年からの11年間、初代から三代目までの三世代で畳作りにあたる。

平成11年 悠一が店に入り、二代目から四代目による三世代で畳作りにあたるようになる。

平成24年 「畳屋辰蔵 杉本畳店」と創業初代辰蔵の名を店名に冠する。
平成28年 創業90年にあたるこの年、四代目 悠一が代表となる。





お問い合わせ


店舗所在地
〒626-0013 京都府宮津市字住吉1773番地

大きく畳屋辰蔵 杉本畳店 を表示
最近の更新
納品ブログ
  • 定番の畳
  • ちょっと素敵な畳
  • 畳屋辰蔵☆特製の品
購読